空牙団のレシピ。
78781249

続 空牙団デッキ考察

空牙団のデッキをまた考えてきました。
てなわけで、やっていきたいと思います。
今回で三回目になりますね。
前回こちら
その前(初期)こちら


デッキレシピ

こちらがデッキレシピになります。
78781249
トレードイン投入と書いてあるようにトレードインで手札交換、墓地肥やし、デッキ圧縮の三点セットを行いつつ、
盤面を構える構成になっています。

感覚的には
下級+ラファールで相手にターンを返すのではなく、
盤面に下級をおいて墓地にラファール後ろに蘇生札を置いてターンを返すのが基本となります。
この場合、置いておいて強いドンパが理想になりますね。

開闢はトレードインに対応している点と、少ないスロットで大きな力をもつところを評価して採用となりました。
昨今はリンクモンスターも充実しており、制限カードではあるもののゴウフウを出すことができれば大方光と闇はそろいますからね。

一枚入れてある巨神龍フェルグラントですが、こちらは二枚目以降の霊廟から落としておくとかなり有効的となるモンスターです。コメントでもいただき、採用してみました。戦闘でモンスターを破壊できれば、ラファールを特殊召喚することもできますからね。トレードインにも対応しており、一枚置いておいていいでしょう。

ドローテスト


ドローテスト

ドローテストです。
いい手札ですね。即席セットです。
ラファールとトレードインでドローソースに変えて、墓地へ、蘇生札もありますし、ドンパを召喚してエンドすることによって盤面を構えることができますね。


ドローテスト02

後攻であれば問題ですが、先攻でなかなかいい手札ですね。
トレードインで蘇生札を引きに行くことになるとと思います。
一枚目で引いてから、様子を見つつ、ビート→ドンパでラファールをサーチしてまた引きに行く形をとるのが流れですかね。

ドローテスト03
誘発の牽制、先攻では落として召喚して構えて終りですね。


まとめ

この型は前回の空牙団の効果で出していき、空牙団としての展開を安定して行うというコンセプトから少し離れて、
墓地からの蘇生を起点に動いていく展開を取ることになります。
これを行うことによって、
ビート効果に対してのユキウサギというほぼゲームエンドの妨害をケアすることができます。

基本的に複数のカードを誘発させてゲームを動かすこのデッキではいわゆる出張や派遣なんていわれ方をする(グッドスタッフ)はメインスロットの都合上採用しにくく、
開闢のような単体でパワーのあるカードが求められると思います。

ラファールの打点は2800とポンポン出てくる割に高いほうですが、3000の打点には勝てません。
そういう点においても開闢は打点相打ちでなく、効果による除去が行えるのでパワーのあるかーどだと思われます。

今回はこんなところでしょうかそれでは閲覧ありがとうございました。