空牙団デッキ考察

23432677

空牙団発売

さて、実際に発売されましたね。
空牙団! クウガダン! 

前回の考察はこちらになります。
前回は発表初期のもので、
あとから紹介された面々は考察に入っていませんでしたね。
その考察は一応、こちらになっています。



デッキレシピ

さて、デッキレシピのサンプルですが、こちらになりますね。

23432677
必要なものを必要なだけ入れた。といったところでしょうか。
デッキ構築に関してはかなりシンプルなものとなりますね。
安定して回したいと考えて制作したものになります。


採用カードについて

レシピについて簡単な解説をします。

空牙団の剣士 ビート 3枚
ステータスは決して高くないですが、能力はサーチ。間違いなく、
どの型でも三枚確定ですね。できるなら六枚ぐらい積みたいと考えてるぐらいです。
増援込みで四枚入っています。
40枚デッキですのでデッキの一割がこのカードです。何としても初手に持っておきたいカードですね。

空牙団の参謀 シール 3枚
あとから判明した一枚ですね。ステータスは高くないですが、最低限のステータスはあります。
固有効果は墓地からの回収効果。下準備が必要とはいえ、アドバンテージを取りに行くことのできる貴重なカードです。レベル4というところもポイントで、これは修練でビートを持ってこれるレベルになります。
このカードの登場によってこのデッキ構成となりました。
また獣戦士ですのでテンキでサーチすることができますね。テンキ込みで5枚入っていることになります。

空牙団の英雄 ラファール 3枚
モンスター効果無効の制圧(団員を守んのが俺の仕事だ!)
後続の回収であったり(やっちまえミカ!)
一番攻撃力の高いメインアタッカー(結構……あたんじゃねーか)
と、間違いなくこのデッキにおいてエース(団長)です。

サーチのビート、回収のシールと、このカードを安定して呼び出すことにデッキ構築を寄せています。
種族がドラゴンということで竜の霊廟に対応しており、その霊廟はフル投入しています。
なんでも落とせるおろかな埋葬を含めるとビートと同じ確率で墓地に落とすことができますね。
墓地に落とす→シール出す→シールの効果で下級(ビートが理想)出す→シールの効果で団長回収→
シールの横の下級の効果で団長出す→団長&下級効果

団長の効果でトップを二枚みて一枚加えています。
増殖するGやはるうららなどの手札誘発、団長の効果に必要な空牙団を構えることが理想ですね。

空牙団のドンパ 2枚 & 空牙団のリコン 1枚
このカードは自分のターンではなく相手のターンで生きるカードになりますね。
このカードがフィールドに存在していて何かしらカードを伏せていせていると、
相手からすれば蘇生札を絡めることによって妨害をしてくると考えなくてはなりません。
それから空牙団の一味として他の空牙団の効果トリガーとなってもらいます。
どっちかというと、ポジションは上級ですね。出す側というよりも、効果によって出てきます。
しかし、単純に上級ではなく下級であるために展開効果を持っていて次へとつなぐことができます。
例えば
ビートNS→ビート展開効果でドンパSS→ビート固有効果反応、団長サーチ→ドンパ展開効果で団長SS
というように、出てくることによって役割を発揮し、次につなぎ、そして場に居座り、相手を牽制します。

もともと下級がいないと困る上級と、一枚では何もできない下級のテーマ。
複数が集まって初めて効果を発揮できるのでできるだけ多めに空牙団カードを採用する必要があります。
ドンパ2枚は固定と考えてリコンに関しては自由枠、といったところでしょうか。

烈風の空牙団
あとから発表されたカードの一枚。強い。でも攻撃表示で出したい。
基本的にセットして相手ターンに発動するのが使い方。しかしそれでは戦線復帰やリビングデットと変わらない。
速攻魔法である点を生かすとすれば墓地から下級を守備表示でSSして、召喚権を温存しながら動きに行くのが差別化になります。かぶったらかぶったで、一枚はセット、二枚目は団長のコスト兼次ターンの返しになりますね。


まとめ

残りは相性のいいカード、単体で活躍が見込める使い易いカードを入れています。
一見空牙団カードが少ないように思えますが、
愚かな埋葬、竜の霊廟と間接的に、また増援やテンキとサーチによって直接的に空牙団となるカードでありますので、実質見た目よりも多くなっています。

冒頭でちらっとお話ししましたが、回しやすい、安定感を大切に組みました。
実際、空牙団というテーマは単体では効果を発揮できないので純に近い構成になります。
比較的組みやすく、まさしくデッキビルドという感じですね。

では今回はここまで。


遊戯王ランキング