平日にもかかわらずやっているショップ大会に行ってきました。
使用デッキはトリックスターです。優勝でっせ
417oSRl+qDL__SY445_

こいつが今回の主役です。

ショップ大会優勝

六人ぐらい? すでに記憶曖昧な番兵。

先日、平日ですが、非公認のショップ大会が行われていたため参加してきました。
参加人数は平日というのもあって6人ぐらいと少なめ。形式はスイスドローでしたが、
それでも二戦で勝敗が決しました。

全戦全勝、つまり全ストってやつですよ(黒星なしは久々自慢したかった。)

使用デッキ

使ったデッキはトリックスターでレシピがこちらになります。
88414193
相変わらず、配置キレイでしょ。
特に手札誘発の十枠の横一線とか。

正直、みなさんご存じ、トリックスターといった感じですね。
ツイッターとかの結果報告でよく見る感じのレシピです。

わざわざブログの記事にする必要ないと私自身思ったのですが、一つ語りたいことがありまして。

メインデッキの一番端っこのほうにいるそいつ、
01564
   マインドクラッシュ!

後ろでものの見事にガイアフレーム君がはじけ飛んでますね。
きっとイラストの宣言カードはガイアフレームを言われたと思うんですけど(名推理)
417oSRl+qDL__SY445_
               (ガイヤフレームの出番はここまでです)

さてこのカード、マインドクラッシュ割といいイメージはないですね。
最近始めたルーキーさんたちは巻き戻しマイクラで検索してください。



手札にあることがわかっていたらとりあえず1:1交換をねらえます。複数ある場合は同時に叩き落とせますね。
なぜこれを使うに至ったかといえば、近代の遊戯王はサーチAによってサーチBをもってきて、その持ってきたサーチBでサーチAを持ってくる、というリソースが続く限り続くみたいなの多いですよね。
サーチがサーチを持ってくる、相互サーチというやつでしょうか。
かつての環境の覇者、EMemがその塊でしたよね。連続サーチやリクルートによってぐるぐる回しながらそのサイクルで相手を削り、最後にはアドバンテージの差をたたきつけて勝つ。もうベイブレードでもやってろよ状態。

さて、サーチが多いという背景もありますが、
そもそも現環境、手札で発動するものが多くないですか?

今回使用したトリックスターでしたら、マンジェシカとかそうですよね。
手札から発動して、場のキャンディナを回収しながら自身をSSするあれです。
チェーンすることによって叩き落とし、キャンディナの回収を阻止することができますね。
逆に回収したキャンディナをねらい打つこともできます。
始まりはミラーに対して強いんじゃないかなといった小さな思いつきでした。
相手のライトステージ発動、キャンディナサーチ、ライトステージのバックスタン効果に対してチェーンしてドヤ顔がやりたかった。

魔術師はアストログラフマジシャンに対して打つことができますね。
普通のサーチですと、虹彩で持ってきたペンデュラムグラフ系のカードを叩き落とすのは効果的ですね。

また最近勢力を伸ばしているオルターガイストはマルチフェイカーが手札でその姿をさらしますね。
単純に打つ場面ですと強欲で謙虚な壺も採用しており、打つ場面はやはりありそうですね。

そのほかでは手札のデストルドー効果とかですね。

もちろん後攻ではその意味が薄いというところ、試験的な採用ということもあって枚数は引いたらラッキー程度の一枚と控え目です。
先攻で伏せて決まったらめちゃめちゃ強いというハイリスクハイリターン、やりたいだけの覚醒技ブッパには近いかと思いますが、それでもメタの範囲はものすごく広くて、面白い一枚だと思います。

使用例

さて、大会で実際に決まったかといえば、
はい、一回だけ決まりました。そのほかは引いていないので、邪魔になることはなく、
その一発がなかなか効果的でしたので今のところ成功率100%ですww

実例としてあげますと対面はセフィラでセフィラシュウゴサーチ処理後に打ちました。
(テキストに捨てるって書いてあってほっとした)


まとめ

さて、まとめるとワンチャンアルカードという位置づけが間違いないですかね。
メタの範囲、特に手札で発動するカードに関しては
キャンディナ&マンジュ、アストログラフ、マルチフェイカーに対しては
通告&警告がきれいな回答だと思われます。(厳密には際がありますが)
ですので、マインドクラッシュを神より優先するかといわれればそれはないかと思います。

今回の特集、マインドクラッシュでした。


遊戯王ランキング