a
具体的にデッキ作ってみました。


よし、やっていきます!!

とまぁ、意気込んでいますが、
1月25日現在で発表されているカードのみでの考察です。
おそらく、まだモンスターが一種類、魔法罠が一種類ずつか、あるいはどちらか一種類、
未発表のものが残っていると思われるので、
また構築がガラッと変わるかもしれません。

デッキレシピ

前回→こちら
で考察したものを形にしてきました、
というのも、

こういうことです。
IMG_9742


本物とは全然違います。どちらかというとアニメとかでちらっと映るカードがこんな感じですよね。


IMG_9745
IMG_9746

ちゃんとスリーブに入れてあげたら感じは出ますね。
遊戯王の大きな文字がサンプル感を醸し出しています。

さて、
こちらがデッキとなります。
(前回考察していたものと一部異なります。
フィールド魔法のファントラ、罠の修練は外しました。

IMG_9744


やっぱり実物を手に取って回してみるのが一番主義です。
そりゃまぁ理論だけなら誰だって最強ですからね。
誘発による妨害も、手札事故も含めて遊戯王です。

デッキですが
タッチAFですね。エクストラデッキを封じ込めるデスサイズが強く、
空牙団のリコンが表でいるときにリビデで蘇生してセット破壊効果を誘発できれば、
引いてしまったAFも起動できますし、そもそもリビデがAFと相性がいいという点からの採用です、
グラットンはこのデッキがエクストラをそこまで使用しない点から選択しました。
寧ろ、サクラを入れてエクストラをメタに使うまで考えられますね。

とがった構築、リンク連打とかではなく、空牙団としてビートを行いながらしっかり戦う構想となっています。
IMG_9748

てなわけで記念すべき初手。これは悪くないですね。理想といえば理想です。手札誘発はケアできていますね。
まぁ、先攻ならばの話なんですが、、、


IMG_9747

お次はうーん、理想ではないけれど、悪くもない、
魔法から入ってくるデッキは牽制できますね。
手札誘発もあってやりくりすれば勝ちに持って行ける可能性をもついい手札です。



そのほか候補


候補のカードですが、もちろん空牙団テーマの、
ファントラと修練ですね。

フィールド魔法
(1):自分のドローフェイズのドロー前に発動できる。
このターン通常のドローを行う代わりに、デッキから「空牙団」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分フィールドに「空牙団」モンスターが5種類以上存在する場合、
フィールドゾーンのこのカードを墓地へ送って発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。


今回採用していない理由として、フィールド魔法はアドバンテージが取れていないという点ですね。
ドローの代わりにサーチ。しかも次のローフェイズって、、、遅い。

永続罠
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「空牙団」モンスターが、戦闘または相手の効果で破壊された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
デッキからそのモンスターの元々のレベルより低いレベルを持つ「空牙団」モンスター1体を特殊召喚する。

修練は入れても一枚でしょうね。
まず空牙団がいることが前提、というより、上級をしっかり出せていることが前提でなおかつコレ。
そもそも下級+上級この流れを安定させたい。それもビート&ラファールしたい。
もしかなり高い確率できれいに展開できるなら、
だったら、だったでこれじゃなくて神伏せて、相手を妨害。上級でマウント取ってビートしたほうが早いでしょ。
という判断で外しました。しかし修練に関しては十分面白いカードですね。

51qWkv66GCL__SY445_

スケープゴート、汎用にしてかなりのパワーを誇るカードですね。
このデッキではミセスレディエントでビートの打点を強化したり、ビートを回収したり、Gを回収したり
リンクリボー→セキュリティで除去しながらサモンソーサレス出して、デッキから獣リクルート。
ヴァレルロードドラゴン出して来たり……
と使い方は多いです、もちろん勝ち筋の一つですので入れるのはありですね。

しかし、こちらを見ていただきたい。
IMG_9750
理想的場面+スケープゴート
そう、エクストラを使わない分、相手が何もしてこない場合、スケゴが発動できません。
比較的複数展開することが前提なテーマですのであとから引いたときに腐りがちですね。

そして今回の候補。
リア友にしてこの記事を閲覧している方に言われました。
正直私も気づいていましたが、紹介したほうがいいとのことで(笑)

card100010189_1

このテーマには獣と鳥獣がいます。獣戦士はいません。ビートは戦士族。
その鳥獣はそこまで強くないですね。
しかし、展開力があって条件を満たしやすく、二枚ドローはなかなかのアドバンテージ。
手札誘発も考えると妨害力は跳ね上がります。
押さえておいていい一枚ではないかと思われますね。
新カードで種類が増えるかもしれませんし、販売促進からVジャンプでの強化も期待できます。



今回はこんなところでしょうか?
モンスター、魔法、罠の比率を見て今はやりの雪花の光ありなんじゃないかなっと思っています。
その考察も面白そうですね。
では、また!!