IMG_9575

大会レポート、使用デッキマドルチェ

大会に参加してきました。

使用デッキはマドルチェです。
IMG_9575
IMG_9576


メインデッキはシスタルト軸ですね。
考察に関しては過去記事のこちらを参照してください。
考察① 考察②

さて、結論から言いますと、スゲー負けました。
そりやもう、マドルチェは反省点の多いシーズン開けですね。
プレイも、構築もどちらもです。

ショップ大会を二つ開催し、私はどちらも参加したのですが、両方とも一回戦敗退の結果でした。

マッチアップは
VS.WW怪獣カグヤ
後手スタート ×○×

VS. 芝刈り彼岸ファントムナイツ 
先手スタート ×○×

になりますね。

情けのない負けの結果報告となりますが、
構築の変化であったりと収穫のあるものではないかなと思っています。

まず、WW怪獣カグヤですが、このメインデッキ構築ではかなり苦手な部類であると思われます。
といいますも、
カグヤが相手フィールド上にいるだけでマドルチェは展開が止まってしまいますからね。
月の書ひとつ踏んだらもう展開できないテーマはつらい。

それから怪獣、こちらは脅威となりますね。
IMG_9583
はい、わかりやすいのがこちらとなります。
戦闘&効果破壊耐性貫通除去。
主軸のシスタルトが簡単に解決されてしまうんですよ。
エンジェリーから出てきたホーットケーキ&メッセンジェラート&チケット
の布陣でとどめても、ホーをリリースされてしまうため、厳しさが残ります。

それから、WWから出てくるクリスタルウィングですね。
効果による破壊ができません。
このメインデッキのコンセプトはブラックホール、激流葬での全体除去を行うので、
一回出ると解決できません。
解決方法はティアラミスでのバウンスですが、クリスタルウィングからすればそれを止めればいいですからね。
そう、実質ツミってわけです。
かつてのマドルチェは強制脱出が解決としてになっていましたね。

そもそもデッキタイプ、マッチアップの時点で苦手といえば苦手ですが、
構築とサイドからクリスタルウィングのメタを考えていなかったのはミスですね。
反省点です。

それから罠を多く伏せるデッキに対して役割を持てる拮抗勝負がサイドに一枚しかない。
こちらも問題ですね(さすがに買います)

よかった点、、
やっぱり神の罠は強いですね。カグヤを絶対に行きます。
それから激流葬、スケープゴートといった汎用系。
それからレスキューキャットからくるペロペロケルペロスとミセスの布陣は
相手の誘発や、妨害をいったん見に行ける、踏みに行くとも言いますね。
つまりは牽制の役割で、カードを消費させるとしてはうってつけですね。
回収も攻めのホーット、守りのG、というように選択肢が広いのも評価できますね。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

時点で彼岸系のデッキですが、こちらを見ていただきたい。

IMG_9584

そうこの盤面、相性悪すぎますよね。
もともと激流葬も打ちどころによりますが、
相手の墓地肥やしと回収というようにアドバンテージを取られてしまします。

そもそもブラックホールがものすごい強いと思う盤面は少なかったですね。
というのも、大体出てくるのは破壊耐性もちの制圧ですから、出きったものを止めるに関しては、
難ありですね。これが激流なら伏せれるのに………という盤面が多かったです。
それからファーファを墓地に落とす制圧もかなり厳しいですね。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


メインデッキおよびサイドデッキに大きな穴のあることがわかりました。
破壊耐性に弱すぎるという点、
それから体感、エンジェリーにうらら&Gの誘発が飛んでくる割合は八割です。
ですから、その前にうららを踏んでもらうものがほしいですね。

同じくマドルチェを使っているプレーヤーと意見交換をしていましたが、やはり、
一枚から何かしら妨害を見に行くカードがほしいところ。
IMG_9578
こちらがそれになりますね。
言わずとしれたパワーカード二枚です。

両方とも一枚からハリファイバーにアクセスできます。


IMG_9581

また、こちら、
簡易融合をちらつかせて誘発を見ます。

先攻でGが来ればそのままターンをエンド。
Gがなければミレミアムアイズをだして、はるうららを押さえつけながら、エンジェリーを召喚と。
もしエンジェリーがいなければテセウスをだしてそのほかのモンスターを召喚、ハリファイバー。

後攻ならGを打たれても、サウザントアイズでモンスター除去を画策できます。
エクストラの枠を圧迫しますがこれだけの選択肢は強いですよね。
(いただいた意見です)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


破壊耐性の対処、制圧への回答、誘発への対策、
こちらが課題となりますね。