IMG_9546
ドラフトについて書きます!!


いらっしゃい、よく来ていただきました。
今回はマドルチェではなく、ドラフトに関してお話したいと思います。

ドラフト、野球のあれじゃないですよ? まぁ似たようなものですけど。

今回はドラフトの中でも『キューブドラフト』をご紹介します。
簡単に言います。
大まかにルールを説明すると
『この箱のなかからさ、デッキ組んで勝負しようぜ!!』
ってやつです。

キューブドラフト以外のドラフトはブースタードラフトなどがあり、
買ったパックを開けてそのカードだけでデッキを組むものもあります。
テーマカードばかりが収録されている遊戯王では難しいですね。
(GXのエドは初登場時これに近いことをやっていましたが………)
もともとMTGが由来の遊び方なので合わなくて当然ですね。
MTGにはこのために収録されているカードもあるぐらいです。だから一弾ごとの種類が多いんです。

遊戯王でドラフトといえば、だいたいこのキューブドラフトで間違いないです。

というわけで、
IMG_9546

これがそのカードプールが入ったものになります。



四人でおこなうドラフト(ヨンドラ)や六人ドラフトの(ロクドラ)が一般的ですが、今回は前者のヨンドラですね。
デッキが四つ出来上がる枚数が入っています。

IMG_9547

こちがら入っているカードの種類です。
端っこにいる開闢以外全部三枚ずつあり、合計220枚ですね。開闢は数合わせでもありますし、単純に強すぎるのでレアカード枠、制限カードってやつです。
メイン(40)+サイド(15)=55 を四人前で220となっています。
これってメイン42+サイド13 にしても、極端な話メイン55+サイド0しても自由な数字となっています。

モンスター 
(37種×3)+開闢(1)=112  
魔法
(19種×3)=57

(17種×3)=51

大体 2:1:1 前後2.3種類の比率になってます。たぶんこれが黄金比
モンスターを多くしています。魔法と罠は18種でもいいですね。

IMG_9549


早い人はお気づきでしょうが、そうです。
入っているカードがすべてゴールドレアです。
いやー、写真撮るとき苦労しました。どれか反射して見えないものがいるんですよね。
今も見えにくいものがいるかもしれませんが。

エクストラはこんな感じ。
IMG_9548

そう、こちらもゴールドレアだけが入っています。
エクストラは一人7枚ずつです。
1種2枚で14種類います。これがほしいものが全部そろわない絶妙な枚数調整なんですよ。
みんなで取り合ったとき、大体ほしいものがなにかしら足りないんですよね

メインエクストラすべてゴールドレア『ゴールドラフト』となっています。

コナミ様が一時代を築き上げた当時のパワーカードたちを集めて作ったパックのカードのみを使ってデッキを組み、
勝負をしていただくというミニゲームとなっています。

このブログをご覧の遊戯王プレーヤー様の中にももちろんドラフトをやったことのある方もいらっしゃると思います。

さまざまなテーマが入ったドラフトもありますよね?
あれってタイダルとストリームをふんだんに使える海王マーメイルだとか、、
プトレマイオスの上にアザトートを乗せて、相手ターンのモンスター効果を拘束とかの
OCGではリミットレギュレーションの関係でできない夢の共演が実現したりします。
(プトレアザトートは一週間だけできましたね)
しかし、否定するわけではありませんが、
やっぱりあれって順番に取り合っている際にどうしても集めているテーマがかぶってしまったり(征竜つくりたいのにレドックス誰かに取られたとか)歯がゆい経験があると思います。
特に最近のテーマはサーチ、リクルートとテーマ内で後続をつないでいきますからね。
しかし、このドラフトはいわゆる昔のスタンダードってやつですね。
エアーマンやガイドがいる以上、完全にそうではありませんが。
サイバードラゴンや、魔導戦士ブレイカー、異次元の女戦士など、単体で活躍できるカードばかりです。

古参プレーヤー様はこのカードの並びを見て、懐かしむかもしれません。
最近のプレーヤー様は感覚的に古ww と思うかもしれませんね。
リフレクトバウンダー君に関してはだれやねんお前状態かもしれません。

最近のテーマを集めた夢の共演をできるドラフトをPS4やニンテンドーSWITCHだとするならば、
このドラフトはファミコン的ポジションでしょうか。
どちらもその時代の良さがありますね。
新しければそれなりの面白さがありますし、古いからダメというわけでもなく、
古いからこその楽しみのあるドラフトなんじゃないかなと思っています。

新しいリンク召喚を否定して、自分を老害だと思っている方はぜひこれで新参をプレイというものでわからせてほしいですね。当時だからこそ生きる熟練の駆け引きで。


このドラフトを作ったのはちょうど去年頃でした。
思いつきで作った割には、意外と面白いし、複数作って店になんか持ち込み企画をと考えております。

今後はこのドラフトについて語っていきたいとおもいます。
では今回はこの辺で。