今回の主役!!
IMG_9456.jpg




ちらほらとCSやショップ大会など行われてデッキの分布が明るみとなってきましたね。
今回はリンクブレインズボックスで収録されたマドルチェの新参、シスタルトについて記事にしたいと思います。

正直、避けたい話なのですが、マドルチェ使いにとってあまりいい印象がないかもしれない一枚ですね。
マドルチェにおけるカードプールで弱い代表といえばピヨコレートやメープル(好きな人ごめんなさい)ですが、
それは皆笑い話として話していますね。
このシスタルト、間違いなく弱くはないのですが、驚くべきほどカードパワーが高いというわけでもありません。
というのも、リンクブレインズパックの収録内容は、ハリファイバー、アロマセラフィジャスミン、ヘヴィメタルフォーゼと
即戦力クラスのアドバンテージの塊です。環境破壊者がこれまたぞろぞろとお揃いです。
その中で全マドルチェ使いの期待を背負って発表されたのが、

00018-00207-00304-l.jpg
あ、間違えた。
かわいいですね。そして似てますよね。こけし……
ちなみに画像はスリーブのものです。ぜひぜひ買ってみては? シスタルトのために買うのもアリですね。
パックに収録されているカードからみて相対評価では一番弱いといっても過言ではないですね。
効果が受動的すぎるし、ステータスも低めです。
期待していただけにメープルたちのように笑えない、個人的にマドルチェ界隈ではタブーな話になりつつあるんじゃないかなと思っているぐらいです。私、番兵は、そりゃもう、トラウマですよ。家族が今年喪中になるとことでしたよ。




さて今回主役のシスタルトですが、なんだかんだいっていただいたありがたい新規です。もらえない子だっているんですよ

前置きが長くなりましたが、
考察、行きます。





まずはステータスを見ていきます。
召喚条件はマドルチェ×2 重いですね。かなり重いです。
ATK1500(シャトー下2000)素の打点としては低めですね。
天使族、これすっごく大事ですね。天使族のマドルチェですチケットの特殊召喚トリガーを達成できます。
矢印の向き、リンクブレインズパックの矢印の向きはみんな軒並み強いですよね。もちろんシスタルト、左下↙&右下↘強いです。
効果はリンク先にマドルチェがいる限り、フィールドのマドルチェ魔法トラップは対象にならずに、効果で破壊されない。耐性付与。
もう一つは自身が戦闘&効果で破壊される場合、墓地のマドルチェをデッキに戻すことができるというもの。

破壊耐性に対してものすごく手厚いですね。場もちがものすごくいいです(守備表示で出したい)
一つ目の魔法罠に耐性を付与しようとすると、マドルチェが三体必要ですね。重いです。てっとり早くそろえる例としては、
ミィル&エンジェリーですかね。リンクが出る以前、九期ならばリィヴァイエール&ティアラミスで勝負を決めに行く手札ですね。
それでも、魔法罠に耐性を付けるのはとても強く、我々の勝負の起点であるチケットを幽鬼ウサギやツインスイスターなどのそのほか破壊系から守れるところは優秀です。
ちゃんと対象が取れないと書いてあるのでコズミックサイクロンの除外からも守ってくれます
(破壊で墓地にいればティアラミスが戻すことができますが、除外はもう二度と帰ってきません一番ダメなやつです)
ちなみに除外された魔法を戻すことができるのはサイフレームロードオメガと原初の種ぐらいですね。

もう一つの効果、破壊される場合に破壊をまぬがれて墓地のマドルチェをデッキに戻す効果です。
戻す効果を起動効果にしてほしかったという意見を見かけますね。そう、受動的なんですよね。単体で能動的に動いたとしても、
自爆特攻ぐらいですね。かなり強引です。

こんなものですかね。足りない部分は多いです。マイナスイメージのが多いですかね。
しかし,
このカードは可能性の塊ですよ。




その① 墓地にマドルチェを!
IMG_9457.jpg

マドルチェはとにかく墓地にモンスターがたまりません。自身の効果で墓地に行くとデッキへと帰っていきます。
テーマが墓地にモンスターを置かない墓地レステーマですからね。
第二の手札を呼ばれる墓地を利用できません。
その割にホーットケーキは墓地からモンスターを除外することによってデッキからマドルチェを特殊召喚する効果を持っています。
ティアラミスも効果を発動するためには墓地にマドルチェが必要です。そう、矛盾しているんですよね。
いままで墓地にマドルチェを能動的に溜めるにはエンジェリーをリリースするか、
マドルチェをエクシーズしてコストとして落とすなど限られた方法です。
リンク召喚という自然な流れで場もちのいいマドルチェを出して構えながら墓地にマドルチェを置くことができます。

その② 場もちのいい天使族マドルチェ!
 書いてある通りですね。チケットを最大限生かせます。エンジェリーは自身の効果ですぐいなくなってしまいますからね。以前よりチケットの活躍場面は多いでしょう。
223188f7.jpg



その③ ミイル&メッセンジャーからその先の展開へ。
bacdfccd.jpg


 引いてしまって困るのがメッセンジェラート、それからミィルもあまりよくはないですよね。
デッキの構成によりますがミィルフィーヤはホーットケーキにてデッキから出てきてそのままランク3エクシーズになる印象がありますね。
 話を戻します。手札ミィル&メッセンから動いて、サーチはチケット。今までならお世辞にもこれが強いとは言えません、
しかし、このようにまだましといえるでしょう。
39fe1a18.jpg


 まだまし程度、見た感じ弱そうに見える。 では、これではどうでしょう。

906913ad.jpg


話が変わってきましたね。なかなかいやらしい布陣です。
激流葬が成功すれば、チケット誘発でエンジェリーをデッキから回収できます。もし、すでに手札にあるとしたら、ホーットケーキをデッキから特殊召喚ですね。種族の天使がいきます。

その④.、③で一部出てきました。激流葬やブラックホールと相性がいい。
まずこちらの盤面を見ていただきたい。
968201d9.jpg


よくある展開ですね。エンジェリーから戦闘耐性を持ったホットケーキをデッキから特殊召喚、
リリースしたエンジェリーを除外、メッセンジェラートを特殊召喚してチケットをサーチ。
エンジェリー一枚から行える展開です。(いつみても壊れ)
ですが、
ec4ae6e3.jpg


これはどうでしょう? エンジェリーの耐性は戦闘のみですので、激流葬は自分のモンスターももろに巻きこんでしまいますね。マドルチェは相手の効果によって破壊されないとデッキに戻りませんから、チケットが腐っている状態になります。
そう、相性は悪いんです。

496670d6.jpg



きれいな構えですね。 
もし激流葬を持っていなくて妨害が手札誘発なら、シスタルトを出さずにそのまま終わって構えればいいわけですから、
シスタルトの登場によって防御力は上がり、選択肢は増えていますね。
それからブラックホール、ですが制限改定によって三枚投入できるようになりました。
圧倒的パワーカードです。正直、なんで許されているのかわかりませんね。
ハリファイバーを構えてターンを回してくるデッキに対して強く出れます。
シスタルトを巻き込んで打てるので生きる場面は多いかと。入れない選択肢はないですね。

その⑤
蘇生札の起用。
マドルチェはその効果(縛り)で、墓地にたまりませんエンジェリーもすぐにリリース、からの除外の一連の流れで墓地にはいません。しかし、リンク召喚にて自然と墓地に送る算段が整っています。
c5dbfd2d.jpg


この構えですね。
リンク先に墓地のマドルチェを特殊召喚すればチケットに耐性を付与できます。



こんなところでしょうか?
おそらく実際に回してみると強みが見えてくるかもしれません。もちろんその逆弱みもしかりですね。
かなりメタビート、罠ビート寄りのデッキ構築になると思いますね。
現在仮想ですがデッキ構築をはっておきますね。
IMG_9443.jpg

手札誘発と激流層、神の罠シリーズ
当たり前の話が多いかもしれませんね。しっとるわ、そういわれそうです。
ですが、誰かの参考になると幸いです。
次回、デッキに関して考察していきたいと思います。